専門家に任せるのが正解

父が他界し、実子3人で財産を相続することになりました。財産のほとんどが銀行預金での現金のみにしていたため、3等分でスムースに終了すると思っていたのですが、兄がなぜか「受け取らない」と言います。理由は心情的なものなのかもしれません。わたしはすぐに受け取って手続きを終了したかったので、銀行に「わたしの分だけ受け取りたい」と申し出ましたが、相続内容が明確になるまで不可、との返事でした。
そこで、相続の話がでてからすぐに依頼していた司法書士さんがきちんと処理してくれました。相続しないという兄の分を国に一旦納める手続きをすることで、わたしの分を受けとることができるようになるそうでした。なぜ国に納めるのか理由はわかりませんでしたが、わたしは自分の分さえ早く相続できればよかったので全て司法書士さんにお任せしました。数か月後には受け取ることができ、無用な兄弟間の争いも起きずに相続問題を解決することができました。
司法書士に関するお問い合わせはL&P司法書士

生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|家計見直しクラブ|https://www.gssme.com/|お小遣いNET|相互リンクサーフ|貯蓄|サイト登録AUL

ブログ

ご連絡ください

お問い合わせ

[pirate_forms]