遺産においてトラブルになるのが土地のことです。土地は分割することが出来ませんし、価格も評価価格と売却価格で違うことは少なくありません。生前贈与して遺産対策を行うのがいいといわれますが、土地については費用がかかるので出来れば所有者が亡くなった後のほうがいいのです。しかし、生前に行うのは所有者がいるうちに贈与しておくことでもめないためなのです。損得のことではありません。しかし、もしもめる原因がないのであれば土地については生前贈与しておくのは費用がかかりますので、後で相続するのがベストです。生前に行うと不動産取得税、贈与税がかかりますが、遺産として相続すると不動産取得税はかかりませんし、贈与税もかかりません。金額によっては相続税もかからないこともあるでしょう。土地は路線価格で評価がことなります。ひとつの土地を分割するのも相続者間でもめるのが遺産です。ましてや複数の土地ですと更にもめるでしょう。しかし、相続する段階になってから話をしていてはまとまることはありません。事前に遺族間で協議しておくのがいいでしょう。

カテゴリー: 未分類