夫の父が亡くなり、財産分与をしなければならなくなりました。夫には弟と妹がおり、母は既になくなっているため、兄弟3人で財産分与をするということだったのです。夫は私と息子と核家族状態で生活しており、弟は奥さんとともに父の面倒を見ていました。妹は旦那さんと娘さんと生活しています。

現行民法においては、財産は兄弟で平等に分けなければいけないとされており、財産というのは現金のみならず不動産等も含まれますよね。しかし、ここにきて弟の奥さんが「自分たちは父の面倒を見てきたんだから他の人の場合もらって当然」という姿勢を崩さなかったのです。もちろん、私たちにとっても父の面倒を見てもらったわけですから、多少額が多くなることには問題がありませんでしたし、そもそも彼らは父名義の家に住んでいますから、その家を奪うわけにもいきませんし、そのままそこに住んでもらって構わないと思っています。しかし、奥さんが特に譲る姿勢を見せず、最終的には行政書士にお願いしてやってもらう形になりました。

弟の奥さんは妹に対しても失礼なことをしたようです。現行民法においては男性も女性も関係ないのですが、妹に対しては「女なんだから大してもらわなくても良い」という姿勢を維持していたようです。ありえない話ですが本当の話です。お金が絡むと人間は本性が出ますね。